身近な占いのいろいろ

風水の基本である東洋の思想

「風水学」とは東洋の「木・火・土・金・水」の五要素からなる五行が基本になっています。
日本の家相を風水の一種と見るかは意見の分かれるところですが、陰陽五行に関係が深いところは共通しています。風水では「気」の流れが基本になっていて、「気」の流れを滞らないようにすることが大切です。
本来は、住む人の生年月日などまで細かく調べ、そのうえで方位などの吉凶をみるものですが、気軽に取り入れられる風水インテリアとして楽しむのもおすすめします。具体的には方角によってラッキーカラーがあるので、小物の色など選ぶときの参考にしたりします。また、素材にも意味があり、木製のものは「木」、プラスチックは「火」、金属は「金」などにあたり、そのバランスを取ることがポイントです。

方角によって違うラッキーカラーと開運目的

方角によるラッキーカラーは、北にはベビーピンクや白などがおすすめで、恋愛運、金運に影響をあたえます。東は水色や青で、仕事運や活気を左右します。
南には人気や恋愛運で、黄緑、オレンジがおすすめです。西はアイボリーや金色で金運や商売運に影響があります。
そして、全体に言えることですが、どんなに色や配置にこだわっても、ほこりだらけだったり、汚れていては効果がありません。
掃除をしてきれいな状態を保つことが大事です。また、観葉植物を部屋の隅に置くと、気の停滞を防いでくれます。
観葉植物の葉の形などもポイントで、丸い葉のものは気持ちを落ち着かせるリラックス効果があり、上に向かって伸びていく葉は「陽」の性質で活発な気を発します。逆に下向きに垂れ下がってのびるものは「陰」の性質を持ち、気持ちを鎮めたい場所に置くと良いでしょう。


このコラムをシェアする